営業時間

平日9:00~18:00 

定休日

日曜・祝祭日

 

 

お問い合わせ

TEL: 028-670-3352

お問合わせはこちらから

 

3Dパースの作成

さて、今日は表題の通り、3Dパースの作成についてお話します。

何百万円もするソフトを導入すればもう少し楽?に作成出来るのでしょうが、売れない貧乏設計屋にはとても無理なお話で、大好きなフリーウェアのお世話になる次第です。『スケッチアップ』と言う、Googleで無料配布していた3Dソフトですが、現在はほかの会社に権利を売却し、スケッチアップ2014とか言う、ろくでもないものに変ってしまいました!

『SktchUp6』の古いソフトがパソコンにあったのでそちらを使っております。

『SktchUp』は名前の通り平面上を線で結ぶと独自の面ができ、それをプッシュプルツールで持ち上げると立体がすくっと立ち上るところから付けられたソフト名です。

ただし、ソフトは無料ですがスキルは独学で覚えなきゃなりませんから、根性ないと無理ですね。興味のある方はネットで調べてみてください。

 

前置きが長くなりましたが、この『SktchUp』単純な箱ものでしたら意外と簡単なのですが、和風の建物となると気の遠くなるような時間と忍耐が必要になります!今回の事例でも10日は掛った!とても商売にはなりませんね~…。また『SktchUp6』で造った(描くのではなくマジで建築を造るのです!)3Dは外郭線のあるホントにマンガみたいなスケッチ風なんですね。まあ、モデリングですかな?なので、これを本物風にするには又別なソフトをくぐらせなきゃならないのです!

そこで登場するのが、フリーなのに高機能な『Kerkythea(カキーシャ)』と言うソフトです。レンダリングソフトと言います。

ま、長くなるので、『SktchUp6』で造ったものと『Kerkythea(カキーシャ)』でレンダリングしたものを載せてみたいと思います!

 

まずはスケッチアップ。道路面からみたショットです。ちょっとマンガっぽいですよね。

続いてカキーシャのレンダ版。本物っぽいかな?

まったく同じ視点ではありませんが、続けてスケッチアップ→カキーシャと載せていきます。

南 面

スケッチアップ
スケッチアップ
カキーシャ
カキーシャ

やはりガラスがリアルかな?

南面
南面
カキーシャ
カキーシャ

こんな感じ。

道路側より

やっぱ、イラスト風?

やっぱりカキーシャの方がリアルですね~!

ま、こんな感じで今日は3Dのお話をしてみました。

 

気が向いたら又いつかです。それでは…。